染飾画家、染師、SHIBUKIアーティストの顔を持つ大下倉和彦デザインのブランド
ビジネスもプライベートも、クリエイティブマインドで楽しみたい人々のために

For Creator (Standard Line)
細部にまでこだわった立体的なデザインで、動きやすさを兼ね備え、想像力を掻き
立てるキャンバスに見立てたようなシンプルな素材とカラーが特徴
クリエイターファースト時代を生きる全ての人々へ-

For Artist(TOR Line)
スタンダードラインをキャンバスに見立て、アーティストのパッションを増幅させ
オーディエンスを魅力する装飾的な模様やカラー、デザインを施すのが特徴
Artistとして生きる全ての人々へ-

2つの角度から、着る人がクリエイティブを一緒に楽しめる服

大下倉和彦(たかくらかずひこ) プロフィール

京都・丹後のちりめん製造業の家に生まれ、1994年より染色の世界に身を置く。
古来の技法を基礎とし宇宙や大自然の光の色を写し取った独自の染色技法を確立する。
自身のアート作品やファッションアイテムを世界に発信すべく、単独で染色ブランド「高蔵染」を立ち上げ、数々のファッションブランドとコラボレーションを手掛ける。
近年ファッション誌やメディアでも注目されクリエーターやミュージシャンなど美意識の高いファンを多く持つ。日本、マレーシア、シンガポール、台湾などで展覧会やライブペイント、ワークショップ等の活動を幅広く展開している。